トップページ > アトピー性皮膚炎と温泉湯治 > アトピー治療と温泉の入浴方法

アトピー治療と温泉の入浴方法

アトピー性皮膚炎

温泉湯治には、
不感温度による半身浴がもっとも効果的だといわれています。

不感温度とは入浴したときに熱くも感じず、冷たくも感じない37度前後の温度のことをさします。
体温よりちょっと高いくらいの温度が良いようです。

この不感温度で下半身をしっかりとあたため、
額に汗をしっとりとかくまでしっかりお湯につかります。

時間にして30分前後が目安になりますが、
このように下半身をしっかりとあたためることによって、全身の血行がよくなり、神経のさまざまな障害も改善され、内臓の働きもよくなります。

体が芯から温まり、自律神経のバランスが整えられるのというのは、とても大切なことです。
このとき下半身は温かいですが、上半身は寒いので 「 頭寒足熱 」 という状態になります。

この頭寒足熱の状態で温泉湯治をつづけると、
体の心からぽかぽかと温かくなって発汗が促され、血液の循環が良くなるとともに、汗と一緒に老廃物も排出できるという効果があります。
効果的に毒素が排出されるという点では、岩盤浴などでもデトックス効果が得られます。

こうすることで、東洋医学でいう 「 冷え 」 をとることができます。
この「冷え」をとることが、アトピー性皮膚炎の改善にも重要なのです。

このように温泉療法の場合、
基本的には不感温度による30分程度の入浴が体を芯から温めることにつながり、アトピーの治療にもっとも効果的なようですが、
温泉の温度によっては、入浴時間を、41度前後で15分程度、43度以上で5分程度というようにコントロールするのが良いようです。

温泉湯治では、入浴の間隔を均等にあけ、
一日で合計2時間くらい入浴する、期間にして3ヶ月以上続けることが一般的です。

アトピー性皮膚炎と温泉湯治 のエントリー

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank