トップページ > 究極のアトピー治療法 > 酒・ビール、アルコールの摂取とアトピーの改善について

酒・ビール、アルコールの摂取とアトピーの改善について

アトピー性皮膚炎

アトピーに悩んでいる方の中で、
お酒を飲まれる方。

とくに毎晩のように晩酌は欠かせない。
そういった方には、「禁酒」をオススメします。


なぜなら、アルコールを摂取しなかっただけで、
皮膚の状態が劇的に改善したからです。


ですから飲酒が日課になっていて、
それも量をかなり飲んでいるという場合は、

かなり状況が改善するかもしれません。



これは、身体の「冷え」であったり、
「内臓の強化」といったこととも関係するのですが、


まずビールなりの冷たいものを、
ガブガブ飲むこと自体マイナスだと思います。


それから、よく「酒は百薬の長」などとも言われますが、
おそらく医学的には百害あって一利なし、なのではないかと思うのです。



酒を飲みすぎると、決まって頭がいたくなったり、
吐き気がしたり、いわゆる「二日酔い」という状態になりますね。


これはもちろん、アルコールの作用です。



体内に入ったアルコールは数時間後、
肝臓の中で毒性の強い「アセトアルデヒド」という物質になります。


アセトアルデヒドは人体にとって有害です。



体内では、このアセトアルデヒドという毒素を分解するために、
せっせと肝臓が働き続け、水と炭酸ガスに分解される。


わたしたちが気持ちよく酔っ払っている最中に、
体内ではものすごい解毒作業が行われているわけです。



これって、ものすごい負担ですよね。
炭酸ガスが生成されるのですから、飲んだ次の日によくお腹が張っている、

ガスが溜まってオナラが良く出るっていうのもうなずけます。



それに飲んでるときは、
どんどん体内にアルコールが注がれてくるのですから、

痛んだ臓器などの修復はさておき、
とにかく解毒の作業が最優先されるのでしょう。


おそらくそこには、
ものすごいエネルギーが費やされているはずです。



私たちはいっときの快楽を求めて、
自分で自分を傷つけていたんですね。



アトピーなどの皮膚疾患は、目に見えるように表面に症状がでますから、
どうにかしようという気持ちになりますが、


体の中の臓器は、
たとえ傷ついていても目には見えません。



この、目には見えない体の中、
文句一つ言わずせっせと働き続けてくれる内臓のことを、

もっと考えるべきなのでしょう。



アトピーの症状で苦しんでいる方、
そして毎日お酒を飲むという方。



おそらく「禁酒」が一番いいのでしょうが、
少なくとも、


  • ・呑んだら3日は休む。
  • ・一週間のうち、呑む日を一日だけにする。


こういうコントロールをされるといいと思います。


究極のアトピー治療法

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank