トップページ > 究極のアトピー治療法 > アトピー治療と食事について

アトピー治療と食事について

アトピー性皮膚炎

アトピーと食事については、
かなり密接な関係があると思います。

それはここ数十年の食生活の変化と、
それに比例したアトピー患者の増加が物語っています。

いまアトピーの症状を生み出す原因のひとつとして考えられているキーワードが、
タンパク質、胃や腸などの内臓、そして油などです。

アトピーなどのアレルギー湿疹がでる原因は、
過剰にタンパク質をとりいれることで、

体内で正常に行われるはずの、
分解・吸収という働きができなくなっている
ことだと考えられています。

通常タンパク質が体の中にはいると、
ポリペプチドという成分に分解され、さらにアミノ酸という成分に分解されて腸で吸収されるのだそうです。

ただし、とりいれるタンパク質の量が多すぎたり、胃腸の調子がわるかったりすると、
タンパク質はアミノ酸まで分解されず、ポリペプチドの状態で腸から吸収されてしまうわけです。

そうすると、
取り入れられたポリペプチドを異物と判断した体内では、過剰な反応がおこり、
アレルギーとして痒みや湿疹を生み出すということです。

だとすると、アトピーの人がとるべきアプローチというのが見えてきそうです。

まず第一には、
体内に消化されやすいタンパク質をとること、
それはたとえば肉、よりも魚を選ぶということです。

またよくアレルゲンのひとつにあげられる卵ですが、
卵自体がわるいわけではなく、卵のタンパク質が分解されにくいもののため、
アレルギー反応を起こしやすいのだそうです。

そしてもう一つは、
体内に取り入れた食物を、上手に分解して吸収できるように、
胃や腸などの内臓を強化し、整腸してあげることです。

ビオフェルミンやザ・ガード、パンシロンなど市販の整腸剤などもたくさんありますし、
また、とりいれる食材としては、キャベツがいいという話を聞きます。

胃腸の状態を整えて、取り入れたタンパク質を強力に分解できるようにする。
そして腸では、正常にアミノ酸を吸収できるようにすることを目指す、というアプローチが、
食事でアトピーを改善する最善の食事療法だといえそうです。

究極のアトピー治療法

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank