トップページ > アトピー性皮膚炎とステロイド > ステロイド剤の強さ

ステロイド剤の強さ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療でステロイド軟膏などを使うことは、効果的な対症療法のひとつです。
ステロイド剤には、皮膚の炎症を抑える効果があるからです。

アトピー性皮膚炎の方にとってつらいのは、ものすごく痒いことによる、かきむしり。
痒いために、ついついかきむしってしまうのですが、そのために皮膚の炎症はさらに悪化してしまいます。

この痒みや炎症を抑える効果、免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑える効果が、ストロイド剤にはあります。

ただし、一口にステロイド剤といっても、その強さはさまざまです。

ステロイド剤の強さは、最も強い(strongest)、非常に強い(very strong)、強い(strong)、穏やか(mild)、弱い(weak)の5段階で表されることが一般的です。

ここで注意したいのはステロイド剤の強さの度合いです。
一般的には5段階で表現されますが、最も強いステロイドと最も弱いステロイドの間には、数千倍もの強さの開きがあります。
この強さは、おもに血管収縮率などを比較して分類されています。

また、ステロイドの副作用にもあるように、ステロイド軟膏には副作用というリスクがあることも否めません。

皮膚の炎症の状態を見極め、何日間か 「 非常に強いランク 」 以上のステロイド軟膏を使うことも、時には必要です。ただし、そういった非常に強いランクのステロイド軟膏を、長期間、体の広範囲にわたって使用している場合には注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の多くは、 「 強い 」 ランク以下のステロイド軟膏で、十分コントロール可能だと言われています。

アトピー性皮膚炎とステロイド のエントリー

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank