トップページ > 皮膚を清潔に保つという対策 > お風呂に入浴剤を入れる

アトピー性皮膚炎には入浴剤を使ったお風呂が有効

アトピー性皮膚炎

入浴には、
体の汚れを落とし、リラックスさせ、皮膚に湿気を与えるというメリットがありますから、

アトピー性皮膚炎の患者さんにとって、皮膚を清潔にし、リラックス効果のあるお風呂は有効です。

また、まえに塗ったステロイド軟膏をしっかりと落とすといった意味でも、お風呂は有効です。

熱すぎない40度くらいのお湯に10分程度浸かることで、自然と皮膚がふやけてきて汚れを落としやすくなります。ただし、正しい入浴法でお風呂に入ることが大切です。

お風呂あがり直後の肌は水分を吸ってしっとりとしていますが、
入浴後、角質に吸収された水分は急激に蒸発します。

入浴によって、皮膚の保湿成分やたんぱく質なども溶け出してしまうため、
かえって入浴前よりも肌が乾燥し、カサカサした状態になってしまうのです。

これを防ぐためには、入浴剤を使ったお風呂が有効です。
入浴剤が皮膚から保湿税分が溶け出すのを防いでくれるためです。
入浴剤は保湿効果の高いものを選ぶとよいでしょう。

また入浴直後は、
クリームや軟膏などの治療薬の浸透力が数十倍になるといわれていますから、
効果的に保湿成分を肌に浸透させ、潤いを与えることができます。

アトピー性皮膚炎の対策 のエントリー

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank