トップページ > アトピー性皮膚炎とは > アトピー性皮膚炎の増えた時代背景

アトピー性皮膚炎の増えた時代背景

アトピー性皮膚炎

アレルギー疾患は昭和30年代から急激に増えました。時代背景をみると、まず食生活の変化があげられます。それまで穀物や魚などが中心であった日本人の食生活が欧米化し、防腐剤や着色剤などの食品添加物が増えました。

また居住環境も大きく変わったといえます。
昔の家屋とくらべて気密性が向上した一方で、空気の流通が減った分、ダニやカビなどにとっても住みやすい環境となり、ハウスダストが増える要因となっています。

また大気汚染はいうまでもなく、ぜんそくを引き起こす要因です。

そのほか仕事のスタイルの変化もあげられるでしょう。産業のIT化がすすみ、パソコンやインターネットを活用した業務が増えました。
これらの変化に対するストレス、人間関係や受験などの心的な要因もあります。

また逆説的ではありますが、医療技術の向上によりアレルギー反応に関する検査は容易になったということも原因にあげられます。

検査技術の向上により、昔であれば乳児湿疹という診断で済まされていたものが、現在ではアトピー性皮膚炎と診断されるようになったという事情もあるようです。

アトピー性皮膚炎とは のエントリー

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank