トップページ > アトピー性皮膚炎とは > アレルギーと免疫の違い

アレルギーと免疫の違い

アトピー性皮膚炎

抗原抗体反応、もしくは免疫反応のなかで 「 抵抗力がつく 」 など、体に有利に働く反応を 「 免疫反応 」 といいます。

一方、その反応が体に不利に働く場合を 「 アレルギー反応 」 といいます。

アレルギーとは 「 変化した反応性 」 という意味の言葉で、抗原に対する反応が一度目と二度目以降で異なることに注目して用いられました。

つまり本来、抗原に対する抵抗力をつけ、体に有利に働くはずの免疫反応も、その反応が過剰すぎる場合は、体に不利に働くアレルギー反応となるのです。

アトピー性皮膚炎とは のエントリー

もずの魔法

「 みんなのアトピー対策 」
ランキングNo.1

もずの魔法石鹸
もずの魔法石けん


沖縄の美ら海で育ったモズクから抽出した、貴重な高分子フコイダン配合の石鹸とローションです。
(※アトピーに苦しんだ社長が開発しました。)

アトピー改善マニュアル

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

27年間、何をしても治らなかった私ですが、薬をつかわず 「 ある方法 」 を実践することで、約90日でアトピーを克服することができました。


もちろん、その後10年間にわたり再発していません。

PR
  • seo
SEO
track feed アトピー治療
jrank